相手や人の気持ちが理解できない、わからない、気づかない子が増えています!?

相手や人の気持ちが理解できない、わからない、気づかない子が増えています!?

不登校や引きこもりになってしまうお子さんの原因で「人間関係・友達関係・上下関係」に関することがあります。つまりは、相手とのコミュニケーションに関わってくる問題なのです。

僕自身、多くのお子さんたちと接していますがここ最近感じるのは「人の気持ちが理解できない」お子さんが増えてきたなという印象です。

なぜ、そうなるのでしょうか?

明らかに外に出て遊ぶ機会が激減していることは大きな原因です。

 

 

少し前では、家の電話や学校でのやりとりで「~くん遊ぼうよ!」いって約束を取り付けます。実際に遊ぶときには何人かで「何をして遊ぶのか?」みんなの意思を確認して、話し合い(場合によってはケンカをして(笑))遊ぶ内容を決めていました。

よくも悪くも話し合いやケンカがとても大事なのです。

この行動は相手が何を感じ、何を想っているのかを知ることができます。

今の時代は、親御さんも外は物騒だからと言って、「家の中で遊びなさい!」と言ってしまうこともあります。そうすると、せいぜいゲーム機やテレビ、動画など異年齢の子どもたちと話し合うケースなどもありません。家に友達が集まったとしても、ゲーム機の持ち寄りで好きなゲームを各自でしあう。。。といったことも普通です。

 

顔を突き合わせてのコミュニケーションの機会が明らかに少なすぎるのです。だからこそ、人の気持ちを読めなく場合によってはいじめにつながるケースもあります。もちろん、お子さんですから失敗はあります。この世の中成長する過程において、失敗に対して寛容になる学校や家庭環境もとても大切です。

周りの大人たちの余裕のなさも、不登校やひきこもりの原因、そしてコミュニケーションをしたがらないお子さんを増やしてしまう原因ともなってしまうのです。

やおき塾では、全面的にコミュニケーションが必要な空間、確実に安心安全な環境にこだわっています。その環境を通して、お子さんが成長して自立していき、集団生活でも生きていけるようになっていきます。

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ご見学やご相談、入塾申込についてなど、いつでもご連絡ください。

070-5542-5378
フォームからお問い合わせ