子どもの脳疲労を放っておくと脳機能や精神異常になる可能性があります。

子どもの脳疲労を放っておくと脳機能や精神異常になる可能性があります。

子どもの脳疲労を放っておくと

脳機能や精神異常になる可能性

があります。

 

 

 

子どもの脳疲労は

大人が気づきにくいのが

現状です。

 

 

 

以下の症状が出ていれば

脳疲労の可能性があります。

 

 

 

1 学習意欲の低下

 

 

2モチベーション・やる気の低下

精神的に不安定・情緒不安定

 

3集中力がない

 

 

4飽きやすい

何をやっても続かない

 

 

 

5キレやすい、イライラしやすい

 

 

6 コミュニケーションが通じない

子どもが何を言いたいのか

がわからない

 

 

7 休んでも疲れが取れない

 

 

 

8 早起きができない

規則正しい生活ができない

 

 

 

9自己肯定感が低い

 

 

10 子どもに笑顔がない

つまらなそうな表情が多い

 

 

 

 

これらの様子や症状があれば

脳疲労を起こしている可能性が

高いと思います。

 

 

 

脳疲労を回避するための方法

があります。

 

 

 

【ゲームやスマホは

最大1時間まで】にする。

 

 

 

ゲームやスマホは

20分に1回は休憩をする。

 

 

 

寝る前の動画・スマホ・ゲーム

はNGにする。

 

 

 

 

脳疲労になる原因は

目の使い過ぎと電磁波との距離

関係にあります。

 

 

 

目の使い過ぎは脳を情報過多

の状態にしてしまうので

脳疲労になります。

 

 

 

電磁波を発しているスマホは

特に注意が必要です。

 

 

 

 

中学生以下のスマホとの

付き合い方が一番の脳疲労の

原因となっていることが

ほとんどです。

 

 

 

スマホに触れる時間を1時間以内

使わない時は電源OFFにさせる

ようにするのがベストです。

 

 

 

電磁波やスマホとの付き合い方

が脳疲労かつ睡眠障害へと

つながります。

 

 

 

脳疲労の状態で

習い事をさせたり

塾に行かせたり

部活動をして忙しくなったり

 

 

 

こんな生活状況で

良い結果につながるわけ

ありません。

 

 

 

子どものために大人がすべきこと

は習い事に行かせたり

塾に行かせることでは

ありません。

 

 

 

子どもに脳疲労をさせない

生活習慣をさせること。

 

 

 

 

学校に行かせることよりも

大切なことだと

色々なお子さんを見ていて感じます。

 

 

 

是非もう一度

あなたのお子さんが上記10項目

の症状に当てはまっていないか

確認してみてください。

 

 

 

やおき塾では食育塾・野菜塾の

活動をしているのは

脳疲労を回復させることを

意識しています。

 

 

 

自然空間に入ると

現代特有の脳疲労を軽減

させる効果があると

言われています。

 

 

 

子どもの人格形成や基盤を

作るための環境づくりを

しています。

 

 

神奈川県厚木市ですので

街中や都会からも来やすい

場所で活動しています。

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ご見学やご相談、入塾申込についてなど、いつでもご連絡ください。

050-3196-8933
フォームからお問い合わせ