大人も子どもも賢くなるための腸内細菌を増やす究極の食事とは?

大人も子どもも賢くなるための腸内細菌を増やす究極の食事とは?

頭脳が上手にはたらくようにするため

には、身体の環境を整える必要があります。

 

 

それが腸内細菌を増やす究極の食事と

なります。

 

 

今回はポイントだけお伝えいたします。

 

1、精製や加工がされていない食べ物を選ぶ

 

玄米や豆類、野菜、種や実類、果物などできるだけ

丸ごと食べることを意識してください。

一物全体食ですね!

 

また加工されていても昔ながらの日本の発酵食品

である豆腐やみそ・醤油などは積極的に取りましょう!

 

 

※納豆や大豆は取りすぎると体を冷やします。

 

 

2、三大ミネラルの豊富な食品を取る

 

マグネシウム、亜鉛、セレンが多く含まれて

いるものを意識しましょう!

玄米や豆類、野菜、種や実類は

三大栄養素が多く含まれています!

 

 

3、高MAC食品をとる

 

高MACとは食物繊維の総称です。

うえに挙げた食品はすべて高MAC食です!

 

 

 

4、油の取り方に気を付ける

 

オメガ3系とオメガ6系の油の割合が

1:1~1:2ぐらいにしたいですね。

 

 

オメガ3系は亜麻仁油やえごま油

オメガ6系は菜種油やごま油など

 

普通に生活しているとオメガ3系の油は

取らないと思いますので積極的に採り入れ

たいところです。

 

 

またオメガ3系は加熱に弱いので

生で取ることを意識したいです。

 

 

頭が働かないのは油のバランスが悪い

ことが多いです(;^ω^)

 

 

5、動物性タンパク質よりも植物性タンパク質

  を多く取る。

 

豆類や種や実類を取ってください。

肉類や卵・乳製品などは毎日取ることは

避けてください。

 

 

6、できるだけオーガニック(無農薬・化学肥料不使用)

  のものを選ぶ(遺伝子組み換えもNG)

 

 

7、生の食べ物や発酵食品を活用

 

 

生野菜のサラダにえごま油うや亜麻仁油

をかけて食べるのは最高の組み合わせです!

 

大根おろしや長芋、ネギやショウガ・ミョウガ

など薬味、漬物や味噌や醤油などの発酵食品も

合わせて食べましょう。

 

 

ポイントだけまとめました!

 

 

それぞれ踏み込んだ話はまた少しずつ

お伝えしたいと思います。

 

 

日々の食事が体や脳を作ることだという

ことを忘れてはいけません!

 

 

これらの食事は風邪やウィルス

にも負けない

からだづくりにも貢献します!

 

 

特に成長期のお子さんには

気を付けてあげてほしいというのが願いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ・ご相談はこちらから

ご見学やご相談、入塾申込についてなど、いつでもご連絡ください。

050-3196-8933
フォームからお問い合わせ